fc2ブログ

機関誌が届きました

 おこんばんは。
 出張の予定が狂った私は、予定通り喜び勇んで曽根道場の
稽古に参加です。
 ちょっとしたトラブルで、稽古開始時間に間に合わなかったのはご愛嬌。

 日本居合道連盟では、毎年機関誌が発行されています。
 色々な方の投稿や、大会の報告とか、名刺交換とか。
 連盟の方が、編集係をやってくれているのですが、これもかなり大変な
お役目だと思います。
 私らは、出来上がったものを読んで楽しむだけですが、これも
頑張ってくれている方がいるおかげですね。

 誰がつけたか機関誌「侍」
 うーん、シンプルですね。
 結構居合や、武道をやってない人でも楽しめそうな内容ではあります。
 一度くらいは投稿カマしてみようかなと思いますが、なかなか
踏ん切りがつきませんねw
 私も仕事では良く文章を書きますが、はたして人を楽しませる文章
が書けるやらどうやら・・・



 今日の稽古は、館長もとだちでの稽古です。
 面子的に、業の形はもう分かっているであろう人々ばかり。
 てなわけで、細かい所に指導が入ります。
 今日改めて思ったのが、斬り下ろす時の刀の軌道と振りかぶる時の
刀の軌道。
 確かに正面から見たときには同じ様に見えますが、斬り下ろす時は
当然肩を軸にして大きく刀が弧を描きます。
 振りかぶる時は、両手の小指を緩めて左手を突きだすようなイメージで
シャープに振りかぶる。
 振りかぶるのは斬り下ろす為ですので、のんびりやる動作じゃぁないんですね。
 ちょっとした間とか、文章で書くのは難しいので気になる人は土曜日館長に再確認してくださいw
 
 稽古終了後は、前館長よりとある技の想定についてちょっと指導。
 この業の場合、相手はどういった状況だと思う?と・・・
 自分の横にいる相手だってのはわかるんですが、そいつがどんな状況
なのかをちゃんと考えてみましょうって事でしたのかな・・・。
 まぁちゃんと考えて無い様に見えたのでしょうし、実際に自分でも曖昧
だったような気がします。
 前館長が横に立ってくれて、やってみ?とのこと。
 当たりそうで怖いと言ったのですが、良いからやってみ?とのこと。
 
 全く届きませんwショック!!
 まぁこれも新しい発見って事で。

 形だけやるならだれでもできるので、色々想定して難しい動きとか
そういうのも稽古してみなさいってご指導でした~
 ちなみに、鱗返です。

 指導を受ける私を館長が横でニヤッとみておりました。
 きっと館長達も昔指導を受けたんでしょうね!
 と、いうかそうであってほしい!

 では、また次回!

  
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)