fc2ブログ

今日は写真なし!

 おこんばんは。
 今日は特に写真とかありません!
 ごく普通のチラ裏のような記事となります。

 最近良くいかせて貰っている八幡道場の稽古に参加してきました。
 八幡道場は移動時間が短くすむので、仕事で時間ぎりぎりになっても通えるのが
強みですね。
 
 本日は何だかんだで7人での稽古。
 あの八幡道場が手狭に感じるほどに賑やかな稽古となりました。
 11月は鹿児島での大会に参加するため、まずは久々に中畑さんと詰合の稽古。
 やはり組太刀はちょこちょこやってないと所々忘れますね。
 しかしいつも組んでる相方ですので、すぐに思い出す事ができました!
 本番までには調整が間に合うでしょう。

 その後は何か二人一組みたいな感じでの稽古を行いました。
 私は久々に都合がついたようで、稽古に参加の布川さんとコンビ。
 今日は難しい月影の稽古をされていました。
 どの技も一つ一つの動きの組み合わせなのですが、やはり慣れるまでは
ポイントポイントを確認しながら覚えていくしかないんでしょうね。
 一つの技を通しでスムーズに出来るに越したことはないんですが、完全に
覚えてしまうまではこの方法もいいかもですね。
 あまり一つの技を分けてばかりやっていると、ちょいちょい技が停止してしまう
悪循環に陥る恐れがあるので・・・まぁ基本的な動きを覚えるまでの確認の為って
事で! 

 後半は館長基立ちで稽古。
 正座の技を稽古しました。
 ここでもやはり言われてたのですが、すべての技は途中で止まることが無い
全部の動きが、ながらの動きになるべきとの事でした。
 このながらの動きが難しいんですよね・・・左手をかけながら腰を浮かせながら
右手をかけながら膝を寄せながら鞘手を引きながら!
 すべてにおいてこれができりゃ凄いんでしょうね。
 これに近づく様に稽古していかなきゃです。

 最後に一人ずつ、館長が面を斬った際の形を確認されてました。
 何を見ているのかなと思ったら、斬った時の右手の形でした。
 小指丘(字あってたかな)が柄に乗ってるのは当然ですが、その際に
右手を絞り込むといった意識で手の内を左手側に回してしまうのは間違い。
 多分間違った形だと肘の関節が内側に回り込んで肩が出た様な形となります。
 親指を前に押し出す様なイメージで肘の関節が外旋し、脇が締まるのが正解の
形となります。
 これ文章で説明するのは難しいので、自分がどんな感じか気になる人は
館長にあった時に聞いて下さいね!結構大事な部分です!
 ちなみに、何も考えずに面を斬った自分の腕がどの様になってたか
良くわかりませんが、私も入門当初から前館長にかなり教えて貰った事ですね。
 実践できてなかったら怒られるのでギリセーフだったと願いたいです。

 いや~今日は久々に稽古日誌のような内容になって我ながら新鮮。
 この調子でがんばりましょ~

 ではまた次回!
関連記事

コメント

lacmovf@outlook.com

英信館居合道場 色々おぼえがき 今日は写真なし!
yolqjjmcl http://www.g1x6g99h528y0uk64mr771ls25f3pvols.org/
<a href="http://www.g1x6g99h528y0uk64mr771ls25f3pvols.org/">ayolqjjmcl</a>
[url=http://www.g1x6g99h528y0uk64mr771ls25f3pvols.org/]uyolqjjmcl[/url]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)