FC2ブログ

普通に稽古のはなし

おこんばんは。
今回は特に何事も無く、普通に稽古の話でもしようかと思います。
美味しい料理や、楽しい酒席のお話はありませんのでご了承ください。

今週も土日の稽古を無事終える事ができました。
土曜日も結構な人数で、賑やかかつ厳粛な雰囲気で稽古が行われて
いました。
全国大会が近いって事もあり、全国大会に参加できる人も出来ない人も
自分の課題に向かってコツコツと稽古をされていました。
私の課題は体力との戦いでしょうか・・・周りを見渡しても、私程息切れ
しながらはぁはぁ言ってる人もいません;;
一人だけ凄まじい稽古をしているかといえば特にそんな訳でもなく、どちらかと
いえば人よりサボり気味?
この体力の無さはどうやったら補えるのですかねぇ~

土曜日の稽古中、私の中でちょっと珍しい事がありましたのでご紹介。
英信館道場には、それこそ初心者の方から高段者の方まで様々な方が
居られます。
性格も様々で、明るく稽古をされる方、くそまじめな方、ただただ黙々と
稽古をされる方と色々です。
基本館長が弟子を指導し、館長から指名の有った方がその他の指導を行って
くれるスタンスの道場です。

その先生は、私が入門した当時から先生であり、職業的にも先生。
雑談にはにこやかに応じてくれる方ですが、稽古属性は黙々タイプの方です。
何度か私の指導の為についてくれた事もあるのですが、まぁ基本的に
口で何か説明するタイプではありません。
自分でやって見せて、それに倣ってこちらが行う。
ちゃんと出来て居なかったら、その部分を強調して再度やって見せる。
こっちは強調されている部分に気が付いて、そこに注意して再度やってみる。
何というか、緊張感が凄まじい稽古・・・うわさに聞く昔ながらの稽古??
今までも、特に何か口で説明を受けた様な覚えがなかったのですが・・・

前回と、今回、なんと口頭で指導してもらいました。
なんというか私のリアクションはコレ→「!!?」
おぉ、なんか遂に意見してもらえた!!
ずっと一緒に稽古をしてもらっている方なんですが、超新鮮で嬉しいwww

何だか今週は得したなぁ~

今回は、稽古タイプのご紹介と、何となく嬉しかった事自慢でした!

今回はちょっと真面目気味な話になってしまいましたので、次回は
通常運転な話を仕入れておきます。

ではまた次回!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)