fc2ブログ

ちょい長文

おこんにちは。
今回はちょいと熊本まで一泊出張にきています。
どうしても土曜日にしか出来ないお仕事で、連休早々に休日出勤も可愛そうだってことで、オッサン二人。
ここで一つ問題がありまして、この二人は会社が誇る超雨男。
重要な屋外行事には呼んではいけないと皆が認める実力を持っています。
お陰で明日も雨を降らすことに成功したようで、我々の伝説にまた1ページ。
今日は移動だけで暇だったので、三池港にちょっと観光がてら行ってきました。
すごく古い有名な港ですが、地形条件的に維持が大変な港のようです。


二キロほど歩くと、先端に古い灯台があります。
昭和47年とかいていましたが、灯台だけあとから建て替えたのでしょう。
基礎の構造物は凄く古いものにみえましたが、まだまだ現役のようで、昔々の土木技術者には脱帽です。

話は変わりますが、最近SNSやYouTube等々で居合に関するものを多く見かけます。
そこまでは良いのですが、何故か他流や他団体を批判したり、ネット上で喧嘩のようになったりと、なかなかにカオスです。
所在や所属氏名を晒した上で堂々とやり取りしている人は百歩譲って許せますが、匿名で言いたい放題言ってる人は少し残念に感じます。
元来武道や芸事は軋轢が生じやすいのだと思いますし、その結果が色々な流派団体派閥の発生に繋がったものであることは理解しています。
出来ることならば、お互いを尊重する気持ちを持つように努力するとか、他から学ぶべき所を感じとる努力をしてみるとか、色々手段はあるのでしょうが、やはり難しいのですかねぇ。
こんな私もたまに相談を受けることがありまして、その方は先日自分の師匠と流派の歴史を否定されたと憤慨し、貴方ならどうしますかとの質問でした。
その方にとって得心の行く回答であったかどうかは別にして、腹立ちはごもっともですが、師事しているのであれば、匿名の煽りなどに惑わされず師匠を信じるべきです。
反撃をするのであれば、これからネット上での自分の行いを師匠に胸を張って報告できるのであればどうぞご存分にといった回答をしました。
流石武道をやってるかたですね、ちょっと落ち着いて考えればスルー出来るようでその後大事には至らなかったようです。

前の館長が書いてくれた手拭いに、剣を学ばんと欲すれば先ず心より学ぶべしの私が好きな有名な言葉があります。
私もあまり気の長いほうではありませんが、取り敢えず、頭に血がのぼりそうになったら、先ずは気持ちを落ち着けるように心がけています。

あ、ちなみに道場の入門規定でも禁止されてますので、私は武道に関するもめ事には一切参加していませんのでご安心を(笑)

てば、そろそろ熊本の夜に消えます。
ではまたじかい!




関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)